ヒゲ脱毛でのトラブルはないのか?

ヒゲ脱毛のトラブル

ヒゲ脱毛のトラブルを調査

東京でのヒゲ脱毛をやっているサロンやクリニックを調べようと思いました。

そこで、Yahoo!で「ヒゲ脱毛 と」まで言葉を打ち込んだら「ヒゲ脱毛 トラブル」という文字が自動的に出てきました。

ここに出てくる単語というのは検索者数が多い言葉らしいです。

つまり、ヒゲ脱毛に関してはトラブルという言葉で検索している人が世の中に多いということです。

ちょっと気になります、というかかなり気になります。

そこで、ヒゲ脱毛に関するトラブルを調べてみました。

皮膚トラブルで心配なのは個人的には火傷です。

火傷(ヤケド)のトラブル

いくら男性だからと言ってやけどなどの跡が顔に残っては嫌ですよね。

サロン脱毛の場合はもともと出力の弱い脱毛の器具を使っているので火傷や赤みの心配はほとんどなさそうです。

では、パワーの強いレーザーを使うクリニックや美容外科でのトラブルはないのでしょうか?

調べたら、火傷などのリスクはあるそうです。

しかし、クリニックは病院と同じで専門のドクターがいて施術もきちんとしています。

いろいろとうるさい今の時代に火傷なんて出したらクリニックは倒産危機までいってしまいます。

有名どころのクリニックや美容外科ではそのような話は調べてもほとんど出てきませんでした。

ですから、きちんと内部の管理ができているある程度の大手のクリニックならほとんど火傷の心配はなさそうです。

ではほかのトラブルはないのでしょうか?

毛嚢炎のトラブル

ドクターに聞いたところ、「毛嚢炎」という症状がヒゲ脱毛をしたあと一番おこりやすいトラブルだそうです。

では毛嚢炎とは何でしょうか?

毛嚢炎(毛嚢炎)の定義

毛嚢炎は毛穴の毛包という部分に雑菌が侵入して起きててしまう炎症のことを言うそうです。

ヒゲ脱毛などをすると毛包に刺激を与えますのでダメージを受けるとその影響で毛嚢炎という炎症を起こしてしまうそうです。

カミソリ負けなども毛嚢炎の一種だそうです。

毛嚢炎になると赤いポツポツなどができることが多いようです。

症状が軽い時は自然に治ってしまうようです。

管理人もカミソリ負けがひどい時があって赤いプツプツができるときがあります。

ニキビかなと思っても皮膚の炎症なのできちんとケアしないといけないなと感じました。

クリニックなどでは、ヒゲ脱毛の施術の後、帰るときに軟膏などを塗ってくれたり、翌日用の軟膏を用意してくれています。

でも、口コミなどを見てみても、ほとんどの方は翌日には赤みがひいているようなのであまり気にしなくてもいいと思います。

管理人の毛嚢炎の防ぎ方

毛嚢炎を直接防ぐ方法ではないのですが、極力リスクを減らす方法を管理人は考えました。

それは、一回に行う脱毛の箇所を少なめにすることです。

特に初めてヒゲ脱毛をするときは、どのように皮膚が反応するのか予測がつかないので、一番最初のヒゲ脱毛をするときはあごとあご下などとすると、万が一毛嚢炎になっても目立ちにくいです。

鼻下などの目立つところは連休を利用して行うといいかもしれませんね^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


ランキング

  1. No.1ゴリラクリニック

    ゴリラクリニック

  2. No.2湘南美容外科

    湘南美容外科

  3. No.3アリシアクリニック

    アリシアクリニック


おすすめ記事